« 7/11RAW① | トップページ | 7/12SMACKDOWN »

2005.07.13

7/11RAW②

クリスティがインタビューを受けている。ビクトリアとの確執についてかなり感情を表にして語って・・・・と後ろからケインじゃなくビクトリアがガラス瓶で後頭部を殴り付けた。ガラスは粉々に砕け、クリスティは失神。病院送りに。

○シナ×ハッサン

いきなり攻勢はシナ。ただうまくデバリに遮られハッサンに流れが。と思ったら攻勢がシナに移り、ヒップロック、デバリを殴ったあとにナックル、締めはFUといとも簡単にハッサンのノーフォール記録を止め、シナの圧勝に終わった。

観客に応えながらシナが戻ろうとした時にジェリコが急襲、それにクリスチャンも加わりややこしい展開に。ただ、ジェリコのタイトルに賭ける意欲だけは伝わった。

○バティスタ×カート

RAW移籍初戦がバティスタ戦となるカート。試合開始直後の攻勢はバティスタ。ただそのスキをぬっていきなりのアンクルロックを決める。回転してはねのけるバティスタ。ポストにカートを追い込み突っ込むが無情にもバティスタの肩は鉄柱に。その肩を攻めるカート。またもやパワーではねのけるバティスタ。リング下の落ちたカートをバティスタが攻める。カートをリングに押しやったところで、HHH&フレアーがバティスタを襲撃。試合はゴング要請。3人ががりでやられるバティスタの援軍に表れたHBK。これで終わりかと思ったらビショフが登場し、「このままでは終わらせない。2×2のタッグ戦をいまからおこなう」と宣言。

○バティスタ&HBK×HHH&カート

フレアーの介入で攻められるHBK。HHHの鉄柱、カートの関節技と面白いように膝を攻められる。スキを見て反撃を試みタッチしようとするが、巧みに2人のテクで拒絶される。HBKに4の字をかけようとしたHHHだが、回転後に蹴られポストの頭を打ちつけられ、フレアーダウン(しかし、転け方がウマクなったよHHHは(笑))。何とかタッチしたバティスタがHHH、カートに猛攻撃。カートとHBKがもみ合う間に、バティスタがHHHにスパインバスター。とどめを刺そうとするがそこにフレアーが登場。フレアーを捕まえスパインバスターをかけるバティスタ。振り返ったところに復活したHHHが!!腹に一蹴りを入れ、必殺ペディグリー炸裂~。バティスタから3カウントを奪う。

--------------------------------------------------------------------------------------

PPVに向けあちこちで火花が散って面白くなってきました。HHHも久々にペディグリーを決めバティスタから3カウントをとりましたし、シナを含めた3ウェイ戦もクリスチャンがなかなかいいスパイスを効かせてくれてます。それにしてもカリートって男は侮れないですよね。やられているようで急に攻勢に出ますし、汗もあまり掻いていない。タダモノでは無いですね。

|

« 7/11RAW① | トップページ | 7/12SMACKDOWN »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122360/4960274

この記事へのトラックバック一覧です: 7/11RAW②:

« 7/11RAW① | トップページ | 7/12SMACKDOWN »