« 「ほけぼけと」の素晴らしさ | トップページ | 7/11RAW② »

2005.07.13

7/11RAW①

いきなりのシナ登場~ 会場は大盛り上り。ただシナは御機嫌斜め。というのも先週華々しくRAW移籍初戦を飾った直後にジェリコに奇襲されたことに対して、PPVまで待てない、クリスチャンと試合だ~と叫ぶ。・・・そこで会場に流れる音楽は、アラブの「イエイエイヨ~」というハッサンのテーマ。デバリとともに登場。どうも先週のオースチンにやられたのが気に入らないらしい。ただ、シナも負けてない。「お前が嫌われているのは、アラブ系ではなくてクソ野郎系だからだ!!」という始末。ジェリコもクリスチャンも出てこないならお前と戦うとシナ。そこにGMビショフ登場。「単なる試合じゃなくWWEタイトル戦だ~」といきなり宣告。もしハッサンが勝ったらPPVはハッサンが防衛戦だぞと追加。すぐに試合が始まるかと思ったら、ハッサンが準備運動とお祈りがあると一旦退散。

リングにはビショフ。トレード選手の紹介らしい。その前にベンジャミンをリングに呼ぶ。ビショフがしゃべりまくる途中でベンジャミン遮り、早く呼べと指図 ・・・ 流れた音楽は「カリビアン・クール」カリートの登場だ。いきなりのIC戦を命ぜられる。

○ベンジャミン×カリート

ベンジャミンのパンチでカリートは防戦一方。やばくなるとリング外にエスケープの手段をとる。豪を煮やしたベンジャミンはリングを駆け、外にいるカリートにプランチャー・・・と思ったら左膝がロープにかかり背中からリング外に落下。このあとカリートの攻勢で進む。ベンジャミンも反撃にはいり一進一退の攻防で進むがどうもベンジャミンの動きが悪い、と思ったそのスキにロープ際の固め技。片手はロープを握りそのままカウント3。なんと移籍初戦でベンジャミンが長く保持したIC王座をゲットしてしまった。

試合後マリアがカリートにインタビュー。フォールを奪って上機嫌のカリート、マリアにリンゴを持って来させる。それを噛って、お約束のマリアに吹き付けた。

リング上にはサイモン。ビセラの登場でマイクでお出迎え。デブだの何だの言いまくってると、ビセラのパンチ・ポストに打ち付け、ちょっと反撃されるが張り手・巨体からは考えられないローリングキック。腰を回しスプラッシュ&腰振り。最後はビセラドライバーで終わり。リリアンのアナウンスも笑顔一杯。リリアンをリングに招き上げるとそこは2人の愛のショータイム。どこまでやるんだこの二人?

ディーバを選べのコーナーは早送り(^_^;)

ジェリコのインタビュー:久々の王座戦でテションも上がり気味。そんな中に雰囲気を全く考えないクリスチャン登場。俺はお前からフォールを奪った男だ必ずタイトルを取ると言って立ち去る。

カートがビショフのオフィスで媚を売ってるぞ。それに乗るビショフも子供だぞ~

といっている間にリングはすっかり白いオブジェで包まれて、エッジとリタの結婚式の準備が整っている。神父がエッジを招き入れる。タイトルバックと共にエッジ登場。似つかわしくないドクロマークのハットとネクタイ。そして唯一のお友達である黒いカバンを手にしている。リング上でニヤニヤするエッジが迎え入れるのは結婚行進曲にのって登場するリタ。なんだこの服は(゚o゚;胸からおへそまで見えるVラインのミニドレス。真ん中の紐を外してみたい(*^_^*) 神父の進行で式が始まる。ケインをコケにしたビデオが流れ愛を確認しだす。ここでスピーチとしてスニツキー登場。ハイデンライクには及ばない詩を披露。そしてお互い指輪を交換し言葉を交わす。神父が異議の有る方は・・・と突然マットハーディーの音楽が。リタの元彼の反撃かと思ったら、エッジの演出だった(>_<)さぁ、式も終わりかと思った時に床下からケインの顔が~ムクムクと雨後の竹の子のように表れエッジを襲撃。逃げる二人。これでは怒りがおさまらないのか、セットをメチャメチャにい。最後に犠牲になったのはツームストンを喰らった神父であった。

続きはまた

|

« 「ほけぼけと」の素晴らしさ | トップページ | 7/11RAW② »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122360/4948407

この記事へのトラックバック一覧です: 7/11RAW①:

« 「ほけぼけと」の素晴らしさ | トップページ | 7/11RAW② »