« PPV:サマースラム | トップページ | 9/13 SMACK DOWN »

2005.09.26

9/12 RAW

サマースラム後のRAWだ~

オープニングはスーツ姿でHBKの登場。「ホーガンは俺より強かった」と始める。ホーガンを褒めたたえたあと、HBKは今夜もショーの主役として登場したと続ける。そこでマスターズが何故か音楽に乗り登場~。顔はニヤけてる。マイクを持ち「小さい頃から崇拝して見てきた。しかしもう歳だ。セクシーボーイじゃなだろう。ホーガンと同じで歳よりは引き際を知らない」と吹き出す。しかし、HBKも負けず言い返す。それに対しマスターズが言った言葉にHBKは平手を浴びせ戦いを始める。殴り合いの後、ロープに振ったマスターズだったが、その反動でエルボーを浴びせ、マスターズはリング下に。リング上で躍動するHBK。

ジェリコとビショフが、今夜シナとの再戦をすると言い始め、「お前はクビ」戦をすると・・・意気ごむジェリコ。

カートが登場。取り返したメダルは首にはしていない。相手はベンジャミン。元弟子だぞ~。試合は2人の正攻法な試合が続き、効果的な絞め技で攻めるカートと、機敏な一撃で反撃するベンジャミンの攻防が続く。ベンジャミンのスピリングロールキック、カートのトップロープからのベリートゥベリー、アンクルスラムを返してのDDT、しかし最後は伝家の宝刀のアンクルロックでベンジャミンがタップ。カートの勝利。カートはリング下からイスを持ちだし、リングイン。ベンジャミンを攻撃するのかと思ったら、リング中央にイスを置き、その上にカートは上がりレフリーからメダルの授与。喜んでリングを去るカート。

昨夜の試合で大流血で敗北したマットがコンウェイと試合を。試合のゴングがなったと同時にエッジが登場口にから放送席に向かう。それに気をとられた(当たり前だ)マットがコンウェイの攻撃を受ける。エッジは放送席で好き放題マットを貶す。試合はトップロープからエルボーを決められ、マット敗北。リング上でフラフラになったマットに、エッジがさらに追い討ちの攻撃。鉄階段とリングの間に頭が入ったマットにエッジが鉄階段を蹴り頭が挟まれることに・・・

カリートス・カバナだ。今夜のゲストはリックフレアーだ。カリートは自分の父親と戦って負けた恨みか、好き放題フレアーを罵る。そしてフレアーの顔にリンゴを。冷静を装った感じからいきなりサミング。コーナーに追い詰め水平チョップからンークラッシャーを浴びせカリートを撃退。リングで踊りまくるフレアー。

ビッグショー対スニツキー。パワーで圧倒するショーに対し、最後はスゴスゴと退散するスニツキー。リングアウトでビッグショーの勝利。なんだこりゃ!?

トリーとキャンディスがRAWのリングに。トレードにRAWに来たらしい。トリーから今年選ばれたアシュリー・マッサーロを紹介し、初登場。アシュリーは応援してくれたみんなに恩返しがしたいといい、キャンディスがそれなら今すぐに恩返しができるじゃないの?と一瞬期待させるが、その恩返しが2人からの熱いキック&張り手の歓迎だった。

ジェリコ対シナの「負けたらクビ」タイトル戦。ビショフは大勢の警備員を引き連れリングサイドに陣取る。ビショフはレフリーのブラインドを突き、足をとったり、ローブローしたり、平手をしたり好き放題。挙げ句に指金具を渡し攻撃させるが、シナは何とか跳ね返す、抗議するビショフに割って入るレフリー。シナはジェリコをロープにほうり投げるとその先にビショフが。リング下に落ちたビショフを尻目に、シナがジェリコにFUを見舞いカウント3。シナが薄氷の防衛。

ビショフが怒り狂い、ルール通りジェリコにクビの宣告。懇願するジェリコだが、警備員に連れ去られる。その間に入ってきたカートがシナに攻撃をしかける。カートの技のフルコースを浴び瀕死のシナに、ジェリコが次のタイトル挑戦者のカートに挨拶をしろと言い放つ。シナにはまだまだ多難な日々が続くようで・・・

|

« PPV:サマースラム | トップページ | 9/13 SMACK DOWN »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122360/6126694

この記事へのトラックバック一覧です: 9/12 RAW:

« PPV:サマースラム | トップページ | 9/13 SMACK DOWN »