« 8/30 SMACK DOWN | トップページ | 9/6 SMACK DOWN »

2005.09.12

9/5 RAW

HBKがダークスーツを身にまとい入場。ブレッドハートをはめたカナダゆえ、非難囂々。カナダキライの歌を歌うと今度はホーガンコール。そんなことはおかまいなく話を続けるHBK。ブレットを侮辱するコメントを続けていると、突然ブレットのテーマが。困惑するHBK。しかし誰も登場せず。ホーガンにブレットと同じ目にあわすと言い、どうするブラザー、ブラザーと連呼すると今度はホーガンのテーマが。でもホーガンは登場せず。さらにHBKは話続ける。ホーガンにサマースラムで輝きを失う、なぜならブレッドハートに聞いて見ろと言い退場する。

ビッグショーとハートスロプスとのハンデ戦の開始。2人掛かりの攻撃もOKなのだが、ショーの体力に圧倒される。しかし効果的に膝を狙い何とか劣性を跳ね返す2人。それでも体力で跳ね返し、最後は2人同時のチョークスラム&フォール3でショーの勝利。

ユージンとクリスティが入場。何と相手はフランス語が堪能なデュプリだ。マントを背負って雰囲気変わったな。試合開始と同時にカートが乱入。デュプリを外に投げだし、カートにアンクルスラムでノックアウト。さらにマイクでジョークは終わりだ、今夜はヒーローのホーガンを打ちのめす。WWEで最も冷酷な男と思い知れと言い放つ。ユージンも可哀想だけど、デュプリは何なんだろう(^_^;)

ディーバを探せはエリザベスが脱落し、アシュリーかレイラのどちらかが選ばれる(らしい)。

カナダの国旗をビショフが持ち、カリートとジェリコが入場。その後声援に応えシナが入場。2対1のハンデ戦の開始。序盤はシナが圧倒する。しかし、ビショフの介入に気を取られたシナがジェリコに攻撃され、一挙に劣勢に。ロープ越しにカリートからリンゴを吹きつけられるわ、ビショフに何発もビンタを浴びせられたりと散々なシナ。ウォールオブジェリコをかけようと、するジェリコに何とか反撃するシナ。跳ね返した先にカリートがいて相打ちに。そこからシナが息を吹き返す。うまく技を返しながらカリートにFUを浴びせカウント3。その間にジェリコはイスを持ち込み、シナの側頭部に強烈な一撃。全てを見捨て花道を下がるジェリコ。大の字のシナ・・・

ディーバを探せ決勝戦。過去の戦いを振り返った後、アシュリーを勝者として発表。興奮するアシュリー。25万ドルとWWEとの契約を獲得。頑張ってね~

エッジがリタを引き連れて登場。あれ?リタの首のコルセットもう外れたの? 相手は腰にタオルを巻いたバル。試合は終始余裕を持ったエッジがバルの腰を集中攻撃。時々反撃の糸口を掴みかけるが、エッジのうまさに主導権を握れない。スピアーの後変形クラッチでバルがタップし、エッジの勝利。満足そうな顔のリタ・・・

コンウェイが先週に引続き、会場を静かにさせて入場(^_^;) しかし何とかしないとマズイよこれ・・・相手はステイシーを引き連れてハリケーン入場。序盤からコンウェイの攻めが続き、ハリケーンは防戦一方。応援するのはステイシーだけ!?会場はざわついているが試合はあまり見てないよう・・・コーナーポストからエルボーを決めコンウェイが勝利。ハリケーンいいところ無し。会場もいいところ無し・・・

まずカートが入場。気合い十分で荒れ模様だ。場内のホーガンコールの後、テーマ曲が鳴り出す。カートは今にも飛びかかりそうな勢い。その中をゆっくりと入場するホーガン。一応敬意を示してか、リング下に降り、一連のパフォーマンスを許すカート。しかし隙を見て飛びかかるが、いち早く察知したホーガンが制し、ここで試合開始。肩への鉄柱、額への鉄階段とカートの動きを止めルホーガン。しかしリングインで隙を見せ、カートの逆襲を受ける。スリーパーで弱ったホーガンが復活し、ブートから観客の声援に応えレッグドロップをしようとした時にHBKが乱入しエルボー。コーナーでステップを踏みスイートチンミュージックかと思わせて、足をとりシャープシューターをホーガンにかけるHBK。侮辱的な攻撃を受けるホーガン・・・

|

« 8/30 SMACK DOWN | トップページ | 9/6 SMACK DOWN »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122360/5908503

この記事へのトラックバック一覧です: 9/5 RAW:

« 8/30 SMACK DOWN | トップページ | 9/6 SMACK DOWN »