« 11/8 SMACKDOWN | トップページ | 11/15 SMACKDOWN »

2005.11.20

11/14 RAW

オープニングはHBKの登場から。試合体制だ。次に登場はビッグショーだ。そして、ケインの登場。三つ巴戦の役者は揃った。先にフォールをとった者が勝ちというルールで3人は結構飛ばし気味に試合を進める。特に1人を集中攻撃をするわけでもなく、入り乱れての試合展開だ。しかしこの三つ巴戦の勝者がタイトル戦に参加できるのではなく、あくまで結果はファン投票の結果のようだ。ケインはポストに上りダイブを試みるが、ビッグショーにつかまりスープレックスをかける。それに乗じたHBKがポストからのエルボーをショーに浴びせスイートチンミュージックを浴びせた。しかし、ケインは黙っておらず、ラリアートでHBKを撃破。そしてリング下から椅子を持ち出し、ショーを倒し、決めようとポストから攻撃を試みたが、HBKがスルリとリングに入り、スイートチンミュージックをケインに浴びせる。そして起き上がろうとしたショーに再度のスイートチンミュージック~ショーからフォールを奪いHBKの勝利!!

コーチがストンコなど怖くないと言い出し、対面させろとリングに上がる。それに呼応してか、ストンコが会場内に車で乗り入れ登場~と思いきや、ステフが表れビールを飲み、リングイン。今夜はストンコは来ないという。これに乗じてコーチは強がり戦ってやると言い出す。2人が話をしているとそこにフォリーが登場。コーチはとっととリングから下り、ステフとフォリーが対峙する。我慢できないと話し始めたフォリーだが、そこにカリートが登場。ステフに背を向けたフォリーにステフがキツイ一撃~。それに乗じてカリートのラフファイトにフォリーは倒れ、最後はリンゴを吐きつけられる。

リングにはビセラが。相手はなんとHHHだ。悠然と登場するHHHの背後からフレアーが襲撃。しかし、最初の一撃だけであとはもみ合うだけだが、引き離されるとまた突っかかるという感じでもつれ合う。引き離され控え室に連れて行かれたHHH。残ったフレアーはリングに上がり、HHHとの試合を金網戦にしろと叫ぶ。

会場にJBLのリムジンがつけられ、JBL本人が車から降りてきた。

リングにエッジ、リタ、マスターがあがり、会場外のJBLに向かって、キツイメッセージをたたき付ける。ミステリオを襲ったのは、JBLより強いからだと・・・その後リングの3人は好き放題話すが、会場はシラケムード。ついに怒りが収まらないJBLはマスターズを駐車場に呼び出す。JBLは古典的な手に引っかかったなと車に乗り込む。なんとエッジの背後にミステリオが。トップロープからドロップキックを浴びせエッジをリング外に蹴りだした。リタはカバンで殴りかかろうとするが、ミステリオはうまく交わしリタはロープに。それをみたミステリオは619をリタに!!ミステリオはシャツを投げ捨て、客席に消えていった。

リングにはディーバ達。長い抗争が続く6人。試合はビクトリア対ミッキー。新人ながらミッキーは互角にビクトリアと戦いを進める。リングサイドでゴチャゴチャした隙に、ミッキーがカウント3を奪い、ビクトリアに勝利。

ここで、総帥ビンス様の登場~。選手のケガや手術は記録していると、JRの結腸手術の映像を見せはじめる。しかし、ドクタービンスですっかりオチャラケビデオだ(=_=) 聴診器をあてる前に、ナースの胸に聴診器をあてるわ、ケツからバーベキューソースは出てくるわ、フットボールは出てくるわ、フクロウが出てくるわ・・・最後にはテーマ曲とともにヘルメットまで出てくる始末。挙句に道路工事の機械まで持ち込み、ストンコの人形を出してきた。さらにこじ開け機を使い中を広げ、JR自信の頭を出してきた。最後は手術の緊張をほぐさないととJRをベッドから落とし、ナースを抱き上げいいことをはじめた・・・観客達もケツに頭を突っ込んだ病気持ちのヤツばかりだと吐き捨て、ビンス様は去っていく。

マードック・ケイド組対、ロージー・ハリケーン組。しかしハリケーンは現れない。そのままハンデ戦の形で試合開始。背後からマスクをとりサングラス姿の男が立つ。今はグレゴリーというらしい。リングではロージーがいいように痛めつけられるが、グレゴリーは知らん顔。敢え無くロージーはフォール負け。

フォリーがレフリーをつとめ、カート対シナのシングル戦が行われる。先ほどのダメージを引きずりながらフォリーが登場。そして、カート、シナが登場。フォリーが無難に進める中攻防が進む。カートはカウントが遅いとイラ付き気味。試合終盤になったところに、カリートが登場する。これにフォリーが応じてしまう。カリートに撃沈されるフォリー。そこからシナのオンパレードと思いきや、レフリーの姿でビショフが登場。電光石火のカウントに抗議するシナに、カートが足をとりアンクルスラム。タップを我慢するシナだが、ビショフがシナの手をとり床に叩き付けタップアウトの裁定を下し、カートの勝利になる。

|

« 11/8 SMACKDOWN | トップページ | 11/15 SMACKDOWN »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122360/7231631

この記事へのトラックバック一覧です: 11/14 RAW:

« 11/8 SMACKDOWN | トップページ | 11/15 SMACKDOWN »