« 11/15 SMACKDOWN | トップページ | 11/22 SMACKDOWN(お詫び) »

2005.11.27

11/21 RAW

GMビショフとマスターズが花道から登場してきた。タブーチューズディ前夜にちなみ、スマックダウンがマスターロックに挑戦するコーナーを作り、ミステリオを呼ぶ。そこに、セオドアとミステリオが共に入場。マスターズは椅子にミステリオに乗せ挑発。ミステリオはおとなしく話しをしていたが、いきなりマイクでマスターズに殴りつけ、うまくのどをパイプ椅子に叩きつけた。ビショフは援軍を呼びミステリオを痛めつけたが、セオドアは逆方向からスマックダウンの選手を呼び、RAWの面々を追い払った。セオドアは勝ち誇ったかのように、誰が選ばれようとお前らを叩きのめすと言い放つ。

ビショフは控え室で、エッジとマスターズに激怒。RAWのPPVで負けるわけにはいかないんだと~

カートがリングイン。相手は久々登場のタジリだ。圧倒的なパワーで優位に立つカート。途中少しは善戦を見せたタジリだが、アンクルロックを決められ敢え無くタップアウト。カートは試合後マイクを持ち、お前に3度も勝っている。相手が誰になろうとも俺がタイトルを奪うと。先週の映像を映し出すが、そこにシナが走りこんで入場し、カートを殴り追い払った。

フレアーがスーツ姿で登場。ゲームは終わったのではなく、これから始まる。金網の中で会えるのを神に祈っている。そして思いしらせてやると言い去る。

コンウェイとユージン。ユージンはいきなり走りこみ殴りかかる。今日のユージンは最初から強暴だ。ロックボトムで勝利したかと思ったユージンだが、コンウェイは椅子で殴り反則負け。さらに椅子でたたきつけるコンウェイに対し、カマラやスヌーカ、ハクソーが助けに入り、コンウェイをノックアウト。とどめはキングがナックルを決め4人でハイタッチ。

カリートがリングに。フォリーに対し宣戦布告。そこにフォリーがモニターに登場。血まみれにしれソッコを見舞うと。立ちすくむカリートにコーチが大丈夫だと立ち上がり、リングに入る。久々のゴールダストを呼び入れる。全身金ずくめのゴールダストが登場。ストンコを呼びつけるコーチだが、そこへビンス様が入場。ストンコが事故に巻き込まれ試合ができない。コーチを恐れてるのだと言う。試合はできないが、相手を探してきたとフナキを入場させ、戦わせた。しかし、ゴールダストとの2人がかりで襲い追い払う。こんな相手だとというコーチだが、そこへ何とバティスタが登場してきた。立ちすくむバティスタにいきなり殴りかかるコーチ。バティスタがコーチに向かうが背後からゴールダスト。そしてからり太ったベイダーが登場し、股間にエルボー。バティスタはリングで倒れながらコーチをにらむ。PPVはストンコの変わりにバティスタがコーチの相手に。

HHHが登場。相手はビセラだ。ビセラがゆっくり登場しロープをまたいだ瞬間HHHが襲い掛かる。いきなりのペディグリーでカウント3。圧倒的な勝利。さらに鉄階段を持ち、ビセラの額を殴りつけた。マイクを持ち、今まで数々の悪事を働いたが自分で責任を持った。しかしフレアーとの試合は責任は持たないと。この試合はやらねばならないんだと言い去るHHH。

バットマン2人がリングに。ビッグショーが入場し、続いてケインが登場。この2人がタッグを組むのか?2人は互いに力比べを見せ付けあう。何か分からず最後は2人でショークスラムを決め、2人でフォール。

ディーバによる仮想大賞。やはり最後は乱闘に。まだまだ抗争は続くようで・・・

シナ対HBKのシングル戦。初顔合わせだ。試合は互いを認め合ったような攻撃の数々。互いにダウンした時を見計らいカートが乱入。2人に攻撃をしかける。シナが起き上がりカートにFUを仕掛けようとしたときに、HBKがシナにスイートチンミュージックを見舞う。リングに倒れるカートとシナ。HBKはベルトを持ち込み、キスをしてシナに渡す。これはPPVで奪い取るという証か。

|

« 11/15 SMACKDOWN | トップページ | 11/22 SMACKDOWN(お詫び) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122360/7338992

この記事へのトラックバック一覧です: 11/21 RAW:

« 11/15 SMACKDOWN | トップページ | 11/22 SMACKDOWN(お詫び) »