« 11/1 SMACKDOWN | トップページ | エディ急逝・・・ »

2005.11.13

11/7 RAW

マクマホンが登場。2週間後のPPVタブーチューズデーの話を始め、JRの解雇についても当然触れる。どうもストンコが会場に来ているということらしい。さらにJRの痛めつけられた映像を流し、ご満悦のマクマホン。そしてコーチを呼び入れる。カーボーイハットを被ったコーチが入場。

マクマホンに楯突く事を言ったハリケーンが、横にいたカートにマクマホンがやれという指令にアンクルロックに葬り去られる。

PPVの王座戦挑戦をかけた一戦目、ビッグショー対エッジ。序盤はショーが有利だったが、リング下で鉄階段にぶつけられ劣勢に。スピアーにいってカウントとれず、椅子をとりに行くエッジ。レフリーに見つかり取り上げた隙に、リタから親友のカバンを投入される。ショー危うしという時に、JBLのテーマが流れる。エッジが振り返り動揺した時に、ショーが首を取りチョークスラムからカウント3。

カリートスカバナ。モニターにJRの顔が映し出され微笑むカリートだが、そこへフォリーが登場。JRの解雇の話を始めると、モニター越しにリンダが登場。落ち着きながらJR解雇の正当性を話し消える。フォリーはその後カリートはおマヌケ野郎と非難する。リンゴを吹きかけようとしたカリートだが、そんなことをしていられるのか?HBKにボコボコにされるぞ。といい去っていくフォリー。

HBKが登場し、さぁ花火がという瞬間に背後からカリートが奇襲する。背中を効果的に攻撃されHBKが劣勢に。しかしコーナーにカリートが自爆してからはHBKのフルコースが繰り広げられ、最後スイートチンミュージックと言うときに足をとられ、ロープを利用したカウントだったが、何とかHBKはさける。その後レフリーとHBKがぶつかりレフリーがリング下に。これを好機と見たカリートがHBKをまずコーナーの鉄柱にぶつけ、椅子を持ち出し、鉄柱にぶつかったままのHBKめざし殴りかかる。しかし瞬間HBKは避け、そのまま椅子を持ったカリートにHBKのスイートチンミュージックが決まりカウント3。

フレアーがHBKとすれ違い登場。リングに上がり、HHHの仕打ちに対する反論を述べる。話しながらテープの下から血が滲んでくる。HHHには恐れない。毎朝傷を見るたびに悔しい思いをすると、テープをはずし自分で傷口を殴りつけ顔を血で真っ赤に染めながらHHHを呼び出す。それに応じて登場したHHHだが、フレアーはリング下からバットを取り出し、HHHを追いかける。HHHは足早に逃げ去った。怒り暴れるフレアー。

試合後カリートが、フォーリーとPPVで戦わせろとモニターに向かい直訴。

相対する女子レスラー達の戦い。なぜかミッキーもトリッシュ達と一緒だ。調子に乗って攻めたミッキーだったが、ビクトリアに固められフォール負け。

ストンコが車で会場に入りそのままリング下まで乗り付ける。ビンスを呼びつけるが、そこに来たのはステファニーだ。ストンコは怒りを抑えつつステフと言い合う。ステフを挑発するストンコにコーチが割り込み誰もJRを待ってないし、すぐに帰れという始末。怒るストンコがコーチのそばに行こうとするが、ステフが制し、次のPPVでコーチを試合をし、ストンコが勝てばJRを復帰させるという。ストンコは乗ったといい乾杯を始める。ステフは割り込み、負けるとクビだからねと付け加える。そんなことはお構いなく、返事はこれだと指を立て、再度乾杯。そして、ゆっくりコーチのそばに行き、サングラスを握りつぶし、帽子をとり、マイクをはずさせ、シャツのボタンを引きちぎり、帽子にビールを注ぎ、コーチの頭に再度かぶせ、覚悟しとけと言わんばかりのプレッシャーを与えて去っていく。

18人による挑戦者決定をかけるバトルロイヤル戦。なんとその中にケインが加わる。リンゴを食べてたカリートにいきなりチョークスラムをかけリング下に放り投げるケイン。それを合図(?)に試合開始。CMが開けるとすでに半分近く脱落。なぜか残っているハートスロプスとケイン、そしてマスターズ。ハートスロプスを一気落とすケイン。残りは2人。最後はマスターズのパンチをかわしロープ越しに落としたケインが勝利。復帰戦でいきなりの挑戦者権を獲得。

|

« 11/1 SMACKDOWN | トップページ | エディ急逝・・・ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122360/7086531

この記事へのトラックバック一覧です: 11/7 RAW:

« 11/1 SMACKDOWN | トップページ | エディ急逝・・・ »