« 12/20 SMACKDOWN | トップページ | 12/27 SMACKDOWN »

2005.12.30

12/26 RAW

マクマホンのテーマが鳴り響き、清掃車に乗って登場。ゴミ掃除ってそういうことなの?という突っ込みはともかく、総帥がリングイン。リングの中央には椅子があり、両saidoに演台がある。マクマホンは現GMのビショフを紹介してリングに呼び出す。渋々ビショフが登場し、清掃車の前で少し立ち止まり、リングに向かう。ビショフは最後の懇願をマクマホンに請う。しかしマクマホンは私は公平な男だから、裁判で決めてあげよう。裁判官は私が務め、弁護と検察も準備しておいたと。そして、コーチを弁護人として登場させる。コーチは任せておいてくださいと、演説を始める。検察側として、ミックが登場。演説のあと、マクマホンは番組中に裁判を下すといい、去っていく。

ビッグショーとケインが登場。清掃車は止めっぱなしだ。フェイタル4ウェイ戦でのタッグ戦が開始。3人を2人で持ち上げるチョークスラムを見せ、圧倒的な勝利だった。

法廷の雰囲気の中、裁判官マクマホンが開廷の挨拶。検察のミックがステファニーを証人として呼ぶ。ビデオを見せ、父を私を侮辱したと証言。

トリッシュとミッキーが登場。一方、ビクトリア達が入場。試合はミッキーとビクトリアのシングル戦だ。いつものような試合で、ビクトリアがフォール勝ち。なぜかミッキーは険しい目でトリッシュを見たが・・・

法廷だ。今度はタジリが証人に。自分が活躍できないのはビショフのせいだと証言。コーチは、タジリはこのあと試合があるので海上に戻してくださいと要求。相手はHHHだということを言われ、強制連行されたタジリ。次の証人を呼ばれると、軽やかなピアノの音が流れ、そこにはセイヤングの姿が・・・

セイヤングは、ビショフがタマなしと証言。そしてビデオを流し、セイヤングがビショフにキスをし、コーナーで馬乗りになった映像を流す。コーチは、この女性はボケた老人で異常性欲者なので、信用ならないと発言。これにはマクマホンも同調し、ヤングは退場・・・

次に呼ばれた証人は、廷史であるマスターズを要請。証人台に座ったマスターズだが、裁判官に本名と違うという理由で発言を認められなかった。

HBKは、ベンジャミンに最近落ち目だとか何を求めているのだとキツイ口調で侮辱。ベンジャミンは試合で見せてやると立ち去り、HBKはしてやったりの表情。

法廷では、マクマホンが早く証人を呼びなさいと告げるが、コーチは今向かっているので待ってくださいと懇願。

チャボが前のテーマに戻って入場。エディ亡き後継げるのは君だ。相手はケイドだ。ケイドは体格差を生かし有利に。しかしスープレックスをDDTで返し、いきなろいのフロッグスプラッシュで、フォール勝ち。段々と様になってきたかも!?

証人席にはデバリが。デバリは熱心に証言をするが、マクマホンはイヤホンで別のコメントを聞き、全く聞いてない。フォリーは、持参しているランチボックスからお菓子を取り出し食べだす始末・・・

リングには、エッジとリタ。カッティングエッジでは遠慮なく聞けないことを聞くと宣言。2人で好き勝手に自己紹介して楽しんでいる。今日ゲストの予定だったフレアーも来ないらしい。フレアー自身が路上で一般人に暴行をしたということで容疑がかかっているらしい。そんなフレアーを侮辱した発言で会場はエッジ最低のコール。そこへヘイズとスローターが来て戻れと告げる。ヘイズはエッジにキツイことを言ったが、エッジもまけずに応戦。ヘイズはたまらず手を出すが、エッジのカバン攻撃で撃沈。スローターも同じく撃沈。リングでリタとキスをして見せつけ会場のブーイングを一斉に浴びるエッジ。

リングにはタジリ。そしてHHHが登場し、コーナーに上がってポーズを決めようとしたところにタジリが奇襲をかけ試合開始。しかし、それもそこまでで、HHHが好き放題に攻撃をする。少し反撃の目はあったが、スパインバスターからペディグリーで逢えなくフォール。

法廷が続く。コーチはサイモンディーンを紹介するが、証人台から何と鼻にミミズを突っ込んだブギーマンが登場。未来の場所にビショフの居場所はないと、頭で時計のガラスを割り、証人台の下に潜っていった・・・

悠々と戻るHHHだが、ビッグショーと鉢合わせ。弱いものいじめばかりだといつか痛い目にあうぞ。今度俺と試合するときが楽しみだなと去る。

法廷では、ミックがマリアを呼ぶ。ソッコ君から質問されたいのとノー天気なマリア。ミックはソッコを登場させ、質問する。マリアは毅然とした態度でコメントをする。目はマジだったぞ。一方のコーチを証人を要請するが、もう十分だとマクマホン。あとは会場での被告人の最終陳述をしてもらうと休廷した。

音声を消してカートが登場。横にはデバリがついている。そして、タッグパートナーのカリートが登場。そして、対戦相手のベンジャミンとHBKがそれぞれ登場してきて、試合開始。ベンジャミンはHBKの言葉に発奮してか序盤からカリートを圧倒。しかし、そうはさせじとカート組も反撃、ベンジャミンを攻める。カートの技を切り返し、何とかHBKにタッチをし、HBKはカリートにフルコースを浴びせ、最後のスイートチンミュージックの準備に入る。ステップをしているところに、ベンジャミンは強制的にタッチをし、ポストからダイブをするが、カリートに交わされそのままカウント3。呆然と立ち尽くすHBK。リングに倒れているベンジャミンにゆっくりHBKIは近づき、手を差し伸べたが、ベンジャミンは拒否し突き飛ばす。怒りを抑えるHBKを尻目に、リングを去るベンジャミン。

リムジンで再度会場入りしたマクマホンとステフそこに待ち受けていたのはHHH。HHHはビショフ支持だと言い、マクマホンは考えておこうと・・・マクマホンは娘をHHHに紹介、おいおい元夫婦じゃないの?気まずく二人は挨拶を交わすが。。。

リング上には再度法廷が設置。ミックは長きにわたり職権を乱用していた。ゴミを捨てる時期が来たと。コーチの最終弁論を制し、ビショフが話す。私は金を生んできたと。憎まれながら深い尊敬を勝ち取ってきたのは似たもの同士だと。だからGMの職を解かないでと。そこに何とシナが登場。シナは会場の観客にビショフを解雇すべきか確認する。マクマホンはWWE王座戦はエリミネーションチェンバーで行うが、ビショフは見れない。ビショフ、お前はクビだと宣告~。ゴミを捨てろと指示すると、シナがビショフを担ぎ、FUに。リング下の落ちたビショフに対し、マクマホンが起こし上げ、そのまま清掃車に放り込んだ。そして、運転席に駆け込み、車を会場外へと運び出していった・・・

|

« 12/20 SMACKDOWN | トップページ | 12/27 SMACKDOWN »

コメント

セイヤングってメイヤング?

投稿: | 2005.12.30 18:51

失礼しました。
メイヤングでした~

投稿: James Mondo | 2005.12.31 18:42

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122360/7907401

この記事へのトラックバック一覧です: 12/26 RAW:

« 12/20 SMACKDOWN | トップページ | 12/27 SMACKDOWN »