« 1/24 SMACKDOWN | トップページ | 1/31 SMACKDOWN »

2006.01.30

1/30 RAW

チャンバー戦で、何とか勝ったシナだったが、エッジがマネーインザバンクを行使し、瀕死のシナからタイトルを奪取されたわけだが、いきなりオープニングで登場。手ぶらのシナは久しぶりだ。シナは自分を応援してくれるファンのために戦うといい、嫌うやつはくたばれと言う。そして、今夜再戦を申し入れると宣言。今すぐ試合だと。服を脱ぎ臨戦態勢。しかし、出てきたのはベルトを持ったリタだけだ。チャンスはあげるけど、今夜じゃない。マクマホンと話をつけ、ロイヤルランブルまでおあづけと。シナは渋々受け入れる。

リングにミッキーが立っている。そこにトリッシュが登場。登場途中にさえぎり、声援が足りないといい叫び出す。相手はアシュリーだ。WWEタイトルがかかる。試合もまだ進まないうちに、アシュリーが攻勢になった際にミッキーが乱入。そのまま試合は反則裁定となった。怒りをあらわにするトリッシュ。アシュリーはとっとと退散。いよいよミッキーとの争いか?

控え室でカリートにマスターズが食って掛かる。今夜の試合が信用できるのかと詰め寄る。裏切ったらマスターロックだと言い去る。

リングにはコンウェイ。相変わらず会場を静かにする男だ。相手はチャボだ。ロイヤルランブルの予選だ。会場はエディコール。最後は3アミーゴからフロッグスプラッシュを決め、チャボが勝利。エディにはまだまだだが、きっとみんな見ていてくれるよ~

控え室のHBKにカートが。HBKは昨日は昨日、今日は相棒、信用できるのかと。カートも負けじと信用できるのかと・・・

ベンジャミンとビッグママとが肩を君歩く。そこにいたのはバル。映画俳優と間違えたあげくに、今夜地獄を見るよといい去っていく。

カリート、マスターズ組対、HBK、カート組のタッグ戦。4人が4人PPVでの戦いで確執があり、まともに試合になるのかどうか・・・あまりに描写が細かくなるので、詳細は省き、やはりタッグを真っ先に裏切ったのはカート。何とか窮地を抜けてタッチにいくHBKであったが、デバリに話しかけられそちらに気を向けるカート。昨日の傷口が開き流血のHBK。HBKはカートを無理やりリングにいれ、スイートチンミュージックを決める。これがタッチを認められ、マスターズがカートにマスターロックを決める。リング下では、デバリに再度ハイキックを決めるHBK。リングでは、カートが失神し、マスターズが勝利。リングで怒りをぶちまけるカート。

戻ってきたHBKにマクマホンが迎える。来週カートとのシングル戦を組んだと。

HHHがインタビューに。ショーを倒した後、レッスルマニアで王座を取ると宣言。

バルが登場。ベンジャミンとのシングル戦。リング下で大声を出して応援するママの威力は絶大。こそっと介入をし、Tボーンからフォール勝ち。ベンジャミンが勝利。ランブル戦出場を決めた。

ケイン対スニツキー戦。何かすぐにチョークスラムが決まり、ケインが圧勝。ランブル戦を決めた。マイクを持って、レッスルマニアまで29人が俺の犠牲者となると微笑み、リングを炎につつんだ。

リングにはベッドが置かれ、そこにエッジが紹介される。リタと肩を組み、ベルトを高々と上げてキスをしながら入場。リングにはいり、「チャンプイズヒアー」と叫び、ブーイングの嵐。チェンバー戦の後で権利を行使し、タイトルを獲った自慢を始める。そして、今までの偉業を映像とともに振り返りたいといい、流れ出す。そこにWOOOOの叫び声とともに、フレアーが登場。ベッドに入る二人に、腰を振りのりのりでリングに向かう。フレアーは、サミングでエッジを制したが、リングに降りたときに椅子の餌食となる。さらに放送席の上に、椅子を置き、さらにその上にフレアーを横たわせ、後頭部にさらに椅子で殴打するエッジ。ふてぶてしく微笑む始末。そこにシナが登場。エッジを追い払い、エッジは花道を逃げていく。リングの上にはシナとリタ。ベッドにもぐるリタ。シーツを覗き興奮するシナ。そしてシーツをはがし、リタを持ち上げ来いと叫ぶシナ。しかしエッジはその場から動かない。シナは容赦せずリタに強烈(映ってないけど)FUを決め、エッジにアピール。

|

« 1/24 SMACKDOWN | トップページ | 1/31 SMACKDOWN »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122360/8424553

この記事へのトラックバック一覧です: 1/30 RAW:

« 1/24 SMACKDOWN | トップページ | 1/31 SMACKDOWN »