« 1/17 SMACKDOWN | トップページ | 1/24 SMACKDOWN »

2006.01.26

1/23 RAW

マクマホンが登場~。いきなり今年は誰のたわごとも聞かないと放つ。「いい人」を演じることもないとも。先週のHBKの言動に怒り心頭。これからは自分の楽しみだけに試合を組むと。リリアンにマイクを渡すと、ケインを紹介。そしてHBKが登場。この試合もマクマホンがセットした。リングに上がりポーズを決めようとしたときにマクマホンは音楽を制し、「スーパーキックをHBKが放つことを禁じる」といい、そのまま試合開始。ケインがリングに落ち、HBKがプランチャーに行く。そこにマクマホンが近づき、2人が言い合いに。その背後からケインが。ケインが攻勢にでるとマクマホンは上機嫌。しかし、その後は互いに潰しあう展開に。HBKがDDT、ネックブリーカーでもトドメをさせず。逆に強烈なブートを決められる。それでもHBKは切りかえしてエルボーから会長を伺い、スイートチンミュージックの体制に。そこにマクマホンが、キックを放つとチェンバー戦の出場を禁止すると言われ、隙を見せた瞬間、ケインにチョークスラムを決められカウント3。まんまと会長のわなにかかったHBKであった。会長は帰り際に耳打ちし、去っていった。

CM中にHBKにチェンバー戦の最初の挑戦者と言われ言葉を失う。

ヘルムズがキングに対し頭に来ている映像を流す。そこにヘルムズが登場。キングに自分のことを悪く言われて機嫌が悪い。しかし、キングも負けずに言い、殴りあうことに。ヘルムズは殴られっぱなしでリング下に。キングはそんなに戦いたいならPPVで戦ってやると・・・

マクマホンとミッキーがトリッシュへのキスの件で話をしていると、カート達が割り込む。カートはレフリーを変えて欲しいとか言い、最後はHBKをタップさせますからとマクマホンに豪語し、去っていく。

マリアがリングにあがり、キスカムで盛り上がっているときに、首にコルセットを巻いたビクトリア達が登場。マリアからマイクを奪い、いきなり試合が始まる。カリートにやられた恨みをマリアにあたるビクトリア。しかし、マリアがビクトリアが突進したのをうまくよけ、ポストに首を当てて痛がった瞬間、かためてカウント3.しかし、そんなことでおさまるわけがなく、押さえつけられ服を破られ下着姿になったマリア。そしてキックの嵐。そこへシュリーが助っ人に入るが、WDDTを決められあえなく撃沈。

エッジが登場。リタも一緒。最近試合しないなぁ~。お友達のカバンを持ちマイクを持った。自分で作ったフレアーの暴行映像だといって流しだす。よくぞここまでやったと思うエッジの迷(?)演技。そこにフレアーが我慢の限界とエッジに攻撃。もみ合いリングに上がる2人。フレアーが4の字をかけようとするが、リタが援護に。しかし、フレアーはリタを捕まえ、こっちを4の字に。エッジは逃げようとしていたが、完璧に入った4の字姿のリタを見て慌ててリングに。フレアーは足を離し、リタを放り出す。逃げる2人・・・

ベンジャミン対マスターズの試合。ベンジャミンは相変わらずキレのいい動きはするものの、イマイチ決め切れない。結局マスターロックを決められ粘りに粘ったが、敢え無く沈没・・・連敗記録が続くベンジャミン。

HHHが登場。誇らしげだ。自分の望み通りに計画を実行できたことを自慢する。いいたいことを言ったが、そこにビッグショーが登場。右手には大きなギブスをしている。リングで笑うHHH。リングに上がるショーを避けるかのようにリングをおり、椅子を持つHHH。ショーはHHHに向かい椅子をギブスの右手で振り払い、さらにモニターを持ったHHHを払い落とし、鉄拳を振り下ろす。よけるHHH。さらに鉄階段を振り払い、HHHは逃げてしまう。リング上で仁王立ちのビッグショー。いったいどんなギブスをしてるんだ!?

控え室で落ち込むベンジャミンに、ビッグママが入ってくる。ふがいない息子を叱咤する。半端じゃないなこのおかぁちゃん。

シナ対カートのファーストブラッドマッチ。先に流血したほうが負けという特別ルールでの試合。シナが先に入場し、チェンバー戦に出る一人一人にキツイコメントを。最後の決め言葉と思ったが、そこにカートが登場。いきなりバックドロップを連発するカート。ダウンしたシナの額を殴りつける。その隙にデバリがターンバックルを外し、金具をむき出しに。それは何とか阻止したシナ。カートがレフリーをおびき寄せた瞬間に、デバリがシナの額に金メダルを。ここでは流血はしなかったシナ。そのあとカートは額を殴りつけ、ターンバックルにぶつけたが流血はしない。カートはここぞとばかりアンクルスラムを放ち、椅子を持ちこみ。その攻撃は避けたシナは一気に攻勢に。逆に椅子を持ち出したが、ここでデバリが介入。その隙にカートが背後から撃ちつけ反撃。シナはそれを避けFUの体制だが、サンセットフリップからアンクルロックをかけるシナ。払いのけた瞬間にレフリーを巻き添えに。デバリがここへ介入し、シナへ強烈な椅子を打ちつけたカート。さらに殴りつけ大流血のシナ。しかしレフリーはまだダウン。シナはカートにSTFをかけてタップさえたが、デバリがレフリーを起こし、シナの流血を確認し、カートの勝利を宣言。デバリがシナを攻めたが、ここへカリートをマスターズが乱入。シナを潰すが、アンクルロックをかけたカートが今度はマスターズがカートにマスターロックを。カリートはデバリを滅多打ち。そこへ大爆音と共にケインが登場。一気にカリート、マスターズ、デバリをチョークスラムで葬る。するとHBKがするりと表れ、スイトチンミュージックをケインに浴びせる。すると最後は力を振り絞ったシナがHBKにFU~。リング上で大の字になるチェンバー戦出場者の面々。大荒れの2006年の開始だ~

|

« 1/17 SMACKDOWN | トップページ | 1/24 SMACKDOWN »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122360/8354443

この記事へのトラックバック一覧です: 1/23 RAW:

« 1/17 SMACKDOWN | トップページ | 1/24 SMACKDOWN »