« 2/5 横アリSMACKDOWN公演 | トップページ | 2/7 SMACKDOWN »

2006.02.09

2/6 RAW

チャンピオンになったエッジがリタを連れて、リングで言いたい放題。観客はブーイングの嵐。そしてシナコールに。今夜TLC戦でフレアーの最後を迎えさせるといい、椅子を持ち込む。イスに座りエッジとリタがいちゃつき始めると、カートの音楽が鳴り響き、ベルトを巻いたカートが登場。せこい手で勝ったシナを罵倒し、統一戦をやるぞと意気込む。しかしシナは取り合わず、しかし突っかかるエッジ。カートはスルリと交わし、バックドロップでエッジを一蹴。リング下に逃げるエッジ。そこに総帥マクマホンが登場。エッジにフレアーとTLC形式での防衛戦をしろと命じる。一方カートにはHBKとの試合をさせるといい、HBKが負けると契約を解除すると言う。そしてアナウンスを要請し、HBKが入場。リング下で向かい合うHBKとマクマホン。マクマホンは余裕のポーズでリングに招き入れる。

いきなり試合が始まり、デバリがいきなりちょっかいを出すが、そこはHBK。誘いには乗らない。ベリトゥベリーからバックドロップ3連発でカートが優位に。そしてコーナーに激しくHBKを打ち付ける。しかし、アングルスラムにとろうとしたカートにDDTで返すHBK。ショルダータックルから攻勢に出ようとしたが、ロープに向かった時ににデバリがロープを下げ、リング下に。HBKは隙を見たデバリにハイキックを浴びせる。しかし、その間にカートがアングルスラムにとって投げ捨てた。リング下で大の字のHBK。リングに戻してカートの優位が続く。コーナーに上げてスーパープレックスにとろうとしたが、何とか返すHBKだが、執拗にコーナーに上がったカートがポスト上からアングルスラムを放った。そして、ついにアングルロックにとったカートだが、うまく回転して切り返すHBK。何とか反撃の糸口を掴んだHBKがトップロープからエルボーを見舞うがこれは避けられる。カートが肩紐を下ろし、本気モードに入る。立ち上がるHBKを待ってアングルスラムに入るがここはサンセットフリップにとろうとするが、カートはさらに上手を行き、アングルロックにとる。もだえるHBK。ロープ越しに罵声を浴びせるデバリにHBKが力を振り絞り平手打ち。これに切れたデバリがイスを持ってリングに。これを制するレフリーだが、外れた反動で、イスがカートの顔に。その隙にHBKが体制を固めカウント3。HBKが薄氷の勝利。デバリは俺は何もしていないとHBKを蹴りだすが、カートの怒りは収まらない。デバリはデバリで謝るが、俺のおかげでチャンピオンになったと言うと、カートは激切れし、エルボーを連発し、最後はアングルスラムでリング下にデバリを放り投げた。

マスターロックに挑戦するシナ。マスターピースがリングイン。マイクを持ち、カリートさえいなければチェンバー戦でシナに勝っていたと。そして前王者シナを紹介する。シナに早速イスに座らせ、マスターロックに挑戦。ゆっくりとロックしいきなり羽交い絞めに。真っ赤な顔をして外そうとするシナ。しかし、そう簡単には外れない。片手を振り上げ切ろうとするが、マスターピースは動じない。シナが最後の力を振り絞り外そうとしたときに、エッジがベルトを持ってシナを挑発。そしてベルトでシナの額に激しい一撃。額を割ったシナはダウン。エッジは、リタと肩を組みベルトを掲げ笑顔で去っていく。

マクマホンはHBKにさらに厳しい言葉を浴びせ、フレアーに17度目のタイトルをとれると励まし、キャンディスの登場に興奮する。

ディーバによる3対3のタッグ戦。トリッシュはミッキーが手を出すが、アシュリーと交代。アシュリーがビクトリアに押され、ミッキーに激突。これに怒りを覚えたミッキーはアシュリーに攻撃。2人がもみ合う間に、トリッシュがビクトリアにネックブリーカーを決められフォール負け。

カリートがリング上に。RVDが復活すると喜ぶ観客に、かつて膝を悪化させた映像を見せて喜ぶ。ロイヤルランブルで勝利するといきまくカリートに、突然の爆撃音と共にケインが登場。いきなり攻撃をしかけるカリートだが、首を掴むケイン。しかしリンゴを吹きかけられる。攻撃をしかけるカリートだったが、ブートを食らい、口にリンゴを押し込められ、ボディリフトからそのままリング下に投げ落とした。

マクマホンはキャンディスと思ったらベンジャミンママで、興ざめ~。でもママは強烈~

ママのプッシュにより試合が組まれ、ベンジャミンが登場。相手は知らされてないが・・・そこにビッグショーが登場。ちょっと顔が不安気味の2人。ショーの体格に圧倒され、やさしくリングを降りるママ。試合が始まりパワーで圧倒するショーだが、そこにHHHが乱入。2人がリング下でもみ合っている間に、カウントアウトでベンジャミンの勝利。大喜びのベンジャミン親子。

フレアーが颯爽と登場。先週の後遺症が心配だが、元気にリングイン。そして、リタと手をつなぎ登場するエッジ。そしてベルトをくくりつけ、リング中央に吊り上げられる。逆水平で飛ばしたフレアーだが、反撃に出たエッジがいきなりハシゴを持ち込みフレアーに集中攻撃。ハシゴで頭を挟み、その上からイスを振り下ろす。フレアーもこれで終わりかを思わせるが、逆水平で反撃を見せる。しかし、エッジもすかさず反撃し、リング下でブレンバスター。そして机とイスをセットし、フレアーを寝ガス。さらに、放送席に立ち上がりコンチェルトを狙うが、エッジのお宝を握りつぶした。倒れたエッジだが、ここでリタがのっかかる。振り払ったフレアーだが、エッジのイス攻撃の餌食となる。そしてフレアーを再度机の上に寝かせ、リングにセットしたハシゴの上からダイブしたエッジ。見事にフレアーに命中。リングサイドにいる娘の叫び声が聞こえる。CMがあけたら形勢逆転。エッジをハシゴの間に挟み打ちつけ、さらにイスを振り下ろす。起き上がった絵時の額にキツイ一撃。フレアーの髪は血で真っ赤に染まる。そして倒れたエッジにハシゴを乗せ、何回もイスを振り下ろす。ハシゴからのダイブを目指そうとしたフレアーだが、逆にエッジにスープレックスに投げられる。さらにハシゴに上りドロップキックを狙ったエッジだが、フレアーに避けられる。しかしフレアーも避けるのが精一杯で再び倒れる。先に立ったエッジがまたもや額にイスを打ちつける。エッジはハシゴを中央に置き、ベルトに向かう。しかしフレアーはここで起き上がり、ハシゴを倒し、エッジがリング下の机に落ちてしまう。そしてフレアーはハシゴを置き、上り始めるが、リタが介入。フレアーは怒り4の字を見舞う。まだエッジは動けない。フレアーはゆっくり立ち上がり、ハシゴを上り始める。そうはさせじとエッジが復活し、逆方向から上り始める。殴りかかるエッジ。たまらず落ちるフレアー。そしてゆっくりベルトを抜き去り、エッジの勝利。フレアー残念。最後にサミング見せてほしかった。もう終わったにもかかわらず、スピアーを浴びせるエッジ。そしてイスを持ち込み、フレアーをイスに乗せる。そこに登場はシナ。弱ったエッジを殴りかかる。。たまらず逃げ出すバカップル。しかしベルトを持ったエッジがふてぶてしく腕を突き上げるのだった。

|

« 2/5 横アリSMACKDOWN公演 | トップページ | 2/7 SMACKDOWN »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/122360/8573262

この記事へのトラックバック一覧です: 2/6 RAW:

« 2/5 横アリSMACKDOWN公演 | トップページ | 2/7 SMACKDOWN »